〒750-0008 山口県下関市田中町1-13

【診療受付時間】9:00~12:30/14:00~18:00
TEL:083-223-5050

山口県 下関市 胃がん 検診 仮想内視鏡 バーチャル内視鏡 マンモグラフィ 乳がん検診 CT 内臓脂肪 メタボリック

CT検査(画像診断)

 

HOME»  CT検査(画像診断)

CT検査について


東芝社製16列MDCT

CT検査とは、CT装置の中心にある大きな穴に体を入れてX線を当て、体の中の様子をコンピューターで処理し、画像化する検査です。

体の輪切りの断層写真が得られ、診断に大変役立ちます。

CT検査には、造影剤という薬を使用しないで撮影する「単純CT検査」と、造影剤を静脈注射して撮影する「造影CT検査」の2種類の検査法があります。

当診療所は最新鋭の80列MDCTに更新し、最新ワークステーションへ更新しました。大病院と同等以上の3D画像や仮想内視鏡や冠動脈CTができます。

検査の流れ

1.検査の前に

検査の前に問診を行います。
造影剤を使用する場合は安全性、副作用について十分説明します。

2.検査

検査は約10分程度です。
指示に従って呼吸を止めて頂きます。

3.結果の説明

検査終了後、医師による結果説明があります。

造影CT検査をお受けになる前に

検査当日の食事について

午前の検査の方
朝食を摂らないで下さい
午後の検査の方
昼食を摂らないで下さい

(水やお茶などの水分はお飲み頂いて結構です)

※服用中のお薬について
医師からの指示が無い限り、通常通り服用して下さい。

次に該当する方は、必ず事前にお知らせ下さい

  • 過去に造影剤を使用した検査を受けたことがあり、その際に気分が悪くなった。
  • アレルギー(気管支喘息、花粉症、食物・薬によるじんましん、アトピー体質)がある。
  • 心臓病、肝臓病、腎臓病、糖尿病、甲状腺などの病気がある。
  • 妊娠している、または妊娠の可能性がある。

検査前の準備

金属は検査のさまたげになる場合がありますので、金属の付いた服や下着、貴金属などは外して頂くことがあります。

検査開始・検査中のお願い

  • ベッドに仰向けに寝て、体の力を抜いてリラックスして下さい。
  • 検査時間は検査部位によって異なりますが、約10分程度です。
  • 検査中は痛みを伴いませんので、体を動かさないで下さい。
  • 検査中は検査担当者とマイクを通していつでも会話できますので、ご安心下さい。
造影CT検査をお受けになる方へ
造影剤は、検査する部位(臓器)をより詳しく調べる目的で使用する薬です。
副作用は極めて少ない薬ですが、検査中に万一気分が悪くなった場合には、必ずお知らせ下さい。

検査終了後は?

造影剤は尿として排泄されます。排泄を促進させるため、水分(お茶、水、ジュースなど)を多めにお摂り下さい。
なお、水分を制限されている方はお知らせ下さい。

検査終了後、数時間から数日後に、頭痛、吐き気、かゆみ、じんましんなどの症状が表れることがあります。何か症状が見られましたら当診療所までご連絡下さい。

内臓脂肪CT検査

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、内臓に脂肪が蓄積するタイプの肥満に、高血糖・脂質異常・高血圧という3つの要素が重なった状態です。
放置していると動脈硬化が進み、脳血管障害や心筋梗塞などを引き起こす危険性があります。

メタボリックシンドロームの診断基準では、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上となっています。

腹囲の計測だけでは解らない「かくれ肥満」の方もいらっしゃるため、当診療所ではCT画像から内臓脂肪面積を正確に計測する「内臓脂肪CT検査」をおすすめします。
(当院の内臓脂肪CT検査の画像が高等学校 家庭科の教科書に採用されました。( 2013年4月現在))


  • 内蔵脂肪優位型
    は内臓脂肪
    は皮下脂肪

  • 皮下脂肪優位型
    は内臓脂肪
    は皮下脂肪

検査のご案内

検査日
毎日行っています。
予約方法
お電話(083-223-5050)または受付にお申し出下さい。
撮影時間
およそ1分。撮影後、CT画像を解析して、後日に医師より結果をご説明します。
自己負担金
保険外診療:4,000円(税別)
PAGE TOP